ホルモン剤で改善できること

大人にきびに対するホルモン剤のアプローチ、その作用とは?

ホルモン剤というと「特別な疾病に用いる」というイメージがあるかもしれませんが、にきび治療などにも用いられるケースも少なくないのです。放置しておくと痛みや炎症症状が進んでしまうにきびは医療機関でしっかりと治療をするということも大切なのです。

ここで、ホルモン剤を使ったにきび治療の効果などについて考えていきましょう。

大人にきびはなぜ出来るのか
大人にきびの場合、思春期に多く見られる皮脂の過剰分泌が原因ではありません。具体的な原因についてですが、男性ホルモンの分泌が過剰な状態になっているということが考えられるのです。これは、医学的な根拠もあることであり、血清検査を行っていただくと男性ホルモンの数値が高いという結果も見えることでしょう。

ホルモン剤がどのように作用するのか
大人にきびの治療法として用いられるのがホルモン剤です。作用気所については、取り入れることによって男性ホルモンの過剰分泌をおさえ、女性ホルモンを優位な状態へと改善していきます。そうすることで、にきびを治療することができるのです。

治療スタンスについて
一般的には内服薬・外用薬のいずれかもしくは併用をするというのが大人にきびへのアプローチとなります。ホルモン剤には、副作用もありますから医師の指導に基づいて用法用量を守って薦めていきましょう。

大人にきびで悩んでいるという方へ
思春期を過ぎてもにきびで悩まされている。ストレスが強くなるとにきびができてしまうなどという方は、一度皮膚科を受診されてみてはいかがでしょうか。ホルモン治療を得意としている皮膚科などもありますので、そうしたところを選んでみるのもまたおすすめとなっています。

早めの治療を進めていきましょう。

関連記事

  1. 安心してにきび治療に取り組むために知っておきたい仕組みについて
  2. 局所ホルモン治療をうけることのメリットとはどのようなところにある…
  3. ホルモン剤に変わる働きをするスーパーフードたちの存在

ピックアップ記事

PAGE TOP