現在、一般的に購入することが出来るホルモン剤でどういった症状を改善できるのかということを調査していきコチラのサイトで紹介していきたいと思います。

にきびをホルモン剤で治療をするというアプローチについて

ホルモン剤を使用した治療というと、やはり婦人科系のものというイメージがあるのではないでしょうか。女性ホルモンを安定的にするために用いることが多いので、そのように感じられるのも不思議はないでしょう。しかし、実はホルモン剤というものは身近な症状に取り入れることもあるのです。

その1つである「にきび」について触れていきましょう。

■にきびの原因について
にきびが出来たことがあるという方は多いことでしょう。しかし、その原因についてはご存じないかもしれません。現金となる要素はいくつかあります。代表的なものが「皮脂量が多いから」というものです。しかし、そればかりではなく、ホルモンバランスが崩れてしまい、男性ホルモンが過剰に優位に働いているということでもにきびとなってしまうのです。

そこで治療として取り入れるのが「ホルモン剤」というわけです。

■男性ホルモンを安定化させる
女性ホルモンは、男女かかわらずに体内に存在している成分です。ホルモンのバランスが何らかの要因で崩れてしまい、男性ホルモンが過剰となってしまうとにきび症状につながってしまうのです。俗にいう「大人にきび」はこれにあたります。この男性ホルモンですが、角化細胞を増殖させて肌の弾力を失わせてしまう。栓によって毛穴がつまってしまうということが考えられます。

これがにきびの初期段階を作り出してしまうのです。さらには、皮脂の分泌を促進するという性質がありますので過剰に分泌してしまうということにもなってしまいます。

■ホルモン剤を使用したにきび治療
ホルモン剤を投与するにきび治療ですが、その第一の目的として「男性ホルモンの働きを抑える」といいう効果があります。ですから、ホルモン剤を取り入れることで男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが整い健やかな肌状態へと導けるというわけです。

使用するホルモン剤についてですが、女性ホルモンと同じ作用をおこす「擬似ホルモン剤」と避妊薬としても知られている「ピル」などが有効的であるといわれています。

にきびをホルモン剤で治療をするというアプローチについて

■ピルについて
ピルというと先にも触れたように避妊の際に使用するというイメージがあるでしょう。しかし、このピルというも本来「エストロゲン」というものを含んだ女性ホルモン剤でさまざまな症状に用いられているのです。にきびにも同様で、男性ホルモンの働きを抑制してくれる効果があるのです。

女性ホルモンを優位にさせることによって、にきび状態は改善されるでしょう。

レファレンス:ホルモン剤の副作用 http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/

■ホルモン剤でにきび治療をしたいという方へ
塗り薬や食生活を見直す・生活習慣を正すなどの努力をしてもにきびが治らない。そのような理由でホルモン剤を取り入れたいという方もいらっしゃるでしょう。治療薬としては、個人輸入で購入することも可能ではありますが、安全に使用をするということを第一に考えるのであれば皮膚科を受診していただくのがおすすめとなっています。

医師の診断により個々の症状にあわせたにきび治療をしていただくことができるでしょう。

■我慢せずに医療機関を受診すること
にきびで病院にいくのは大げさすぎるのではないかと思う方もいらっしゃるようですが、皮膚の炎症症状の1つであり、放置しておくことによって痛みを感じるようになったりと身体的な影響も考えられるでしょう。市販薬などを使っても改善がみられないというときには皮膚科を受診し、必要であればホルモン治療を受けてみてはいかがでしょうか。

最新投稿

  • 外用薬をしようしたにきび治療「局所ホルモン治療」について

    にきび治療というと市販薬を使用してというイメージがあるかもしれません。しかし、皮膚の炎症症状の1つで場合によっては痛みがともなったりということもあります。そのような場合、ホルモン剤を投与しての治療をする医療機関もあるので …

    続きを読む...

  • 安心してにきび治療に取り組むために知っておきたい仕組みについて

    大人にきびの原因として言われているものが「男性ホルモンが過剰分泌し優位になってしまうから」というものがあります。こちらにおいては、少しずつその認知も広まっているようです。しかしながら、なぜ身体の中でこのような状態になって …

    続きを読む...